ぱりすずめのはてなブログ

大阪で車いすでも快適に過ごせる場所を模索中。日々のきづきやハテナをちらり。

EメールとLINEの違い

今週のお題ゴールデンウィーク2018」

ゴールデンウィークはほぼ自宅で過ごしていました。

土曜日にお天気が良かったので空いているかなと

高をくぐって出かけたルクアフードホールは意外と混雑。

やはり祝祭日は商業施設は人が多めですね。

 

休み中でも仕事関係でいろんな問い合わせには対応しています。

資料請求だったり、導入サロンさんからの問い合わせだったり。

f:id:fackymos:20180507142647j:plain

そんな中でたいていの方は、問い合わせフォームから問い合わせくださり、お名前やサロン名や住所を入力して送信していただけます。

 

が、ダイレクトにメールをお送りくださる方の中で、要件のみ書かれて、肝心のお名前やサロン名、連絡先が分からず対応に苦慮することがよくあります。(たまにではないのです 汗)

 

GW中の出来事

GW中、あるサロンさんから公式サイトの詳細ページの作成依頼をメールで受信。

画像や定休日、営業時間とメニュー価格は書かれているのですが、肝心のサロン名と住所がなく、とても困りました。

 

メールアドレスにサロン名のヒントになるような文字が入っていればなんとか見つけることができる場合もありますが、かなり無駄に時間がかかります。

f:id:fackymos:20170609183036j:plain

このような場合は、サロン名と住所を連絡くださいと返信します。

 

返信してすぐにお返事が返ってくるサロンさんはすぐにご希望に添えるように対処を始めるのですが、返信いただけないサロンさん(ホントに多いです(;'∀'))もあります。

 

Eメールの礼儀

どんなことに対しても言えることですが、わたし個人が問い合わせをする時には、名前と必要な場合は住所・連絡先・メールアドレスも明記し、先方から返信しやすい状態でメールを送信します。

これは親しい取引先の方にも(当然ですが)同様に送信します。

 

LINEの弊害

今はLINEなどでいちいち名乗らなくてもやり取りできる時代。

そんな状況に慣れっこになってしまうと、当然のことが抜け落ちてしまうのでしょう。

 

 

先にお話ししたGW中の問い合わせのサロンさん。

送られてきたサロン画像を200倍に拡大してやっとサロン名を見つけ出し、ネットでサロン名で検索し、サロンのHPとブログらしきものを見つけ、サロン画像とHPの画像を見比べて無事に作成ができました。かかった時間は10時間ほど。(関東方面のサロンさんでした)

 

結局、まだこちらのサロンさんから返信は届いていません (;'∀')

 

(追記)

連休明けの火曜日に返信ありました♪

女性が浮気を考える時

今週のお題「2018年の抱負」

2018年の抱負は…

毎日ブログを更新すること。

個人の4ブログと仕事用の6ブログ、メルマガなど、どれかを毎日更新することに決めました。

とりあえずは実行しやすい行動から起こそうと思います♪

小さな自信の積み重ねが 1年後に実績に変わりますからね。

頑張ろう~

 

 

 

久しぶりに友人が訪問

1年ぶり(多分)くらいに友人が1/3に訪ねてきてくれました。

友人のお母さんも一緒。

友人のお母さんは我が家の家人(夫)と同じ年。

友人のお母さんとは3年ぶりくらいかな。

久しぶりの再会で 時間も忘れて語った語った2時間半。

自宅の1階にある喫茶室でアイスクリームを食べながら、積もる近況話に花が咲きました。

 

 

そんな中、友人との話。

彼女には行きつけの美容室があり、自宅からは電車で30分程の場所。

彼女がこの美容室に行き出してから10年くらい経つと思う。

なぜなら わたしが知り合いの美容室を紹介したからね。

f:id:fackymos:20161231015116j:plain

髪が多くて太くて硬くてクセ毛でボワッと膨らむのがお悩みだった彼女は、仕事が休みの時に予約して美容室に通っていたらしい。

 

ただ10年も通っていると女性の髪質もいつまでも髪が多いままではないのは皆同じ。

 

それほど多いのも気にならなくなってくると、美容室に行く頻度も半年に1度、年に1度と徐々に減って行った。

それでも休みが合えば事前に予約して、馴染みの美容室に通っていたらしい。

 

 

ある時、しばらく美容室に行っていなくて

どうしてもその日にカットしたくなったらしい。

 

馴染みの美容室に電話するもその日は予約がいっぱいで取れなかったとのこと。

 

                     f:id:fackymos:20161231011814j:plain

 

彼女はどうしてもその日に髪を切りたかった。

 

そして彼女は近所の初めての美容室でカットをすることにした。

 

女性にはどうしてもその日にしてほしい時もある。

それがかなわぬ時はつい「浮気」してしまう。

あとで後悔するかもと思っても いてもたってもいられないのある。

 

思わず大きく頷いてしまった私。

 

これでしばらくは馴染みの美容室には足が遠のきそうだと言う友人。

彼女のしぐさから今の髪型に満足げな様子が感じ取れた。

 

女性の「浮気」は願望が叶えられなかった時に起こる。

 

ブログに書くネタがないとき

お題「マイルール」

ブログネタはちょっと注意すればあちこちに

f:id:fackymos:20170926162535j:plain

ブログの記事ネタがつぎつぎと出てくるような

キラキラしたアクティブな生活をしているわけでもなく。

お出かけ記事はそれ向けの方が書かれるのを読むことにして

自分はと言えば記事のネタは食べ物が王道。

身近な食べ物やお取り寄せ、ちょっと珍しいものetc…

 

仕事用のブログと個人のブログは分けた方がいい?

私の場合は分けている。仕事用のブログに食べ物は出てこない。

そのブログに訪問してくれる方は食べ物の情報を求めていないから。

 

個人ブログは食べ物ブログで共感してもらえたりコメントがあったりすると嬉しい。

個人ブログでさらっと仕事のことも書いたりするけれど、あくまでさらりと紹介だけ。

 

例えば

美容室のブログで食べ物や花の画像ばかりで、美容の記事が全くないサロンにあなたなら行きますか?

わたしならちょっと考える‥いや行かないかも( ´艸`)

 

美容室のブログならサロンワークの様子が知りたいし、仕上がりスタイルとかもみたい。(メニューとかもね)

また、美容師さんならではのオタクっぽい記事なら読んでみたい。

それらを見てその美容室に行くかどうかを決めるかな。

 

仕事に使うブログは仕事8割以上でちょこっとコーヒーブレイクみたいな記事があればちょうどいいのかなと思うのです。

 

胃もたれとストレスの関係

お題「今日の出来事」

f:id:fackymos:20170905204702j:plain

人間の体ってストレスに弱いとつくづく思う。

もともとドカ食いはせず 夜よりもランチを多めに摂るようにしているが

それでもたまに消化不良(胃もたれ)を起こすことがある。

  1. 胃がむかむかする
  2. 手足は冷たいのに冷や汗が顔から滴っている
  3. 横になってもずっと胃が重い
  4. その状態が1時間半ほど続く

そしてしばらくすると重い感じがすっと消えていく。

hapila.jp

ここ数か月は胃もたれがなかったのになぜ?

f:id:fackymos:20170609183011j:plain

原因は友人からの1通のfacebookメッセージ。

問屋さんから紹介されたある美容ディーラーが弊社の資料(画像)を無断で使い

他社の商品を紹介していると警告があり その対応に追われていた。

 

ひどい話である。

こんな会社と取引していたのかと思うと自分が情けなくなってくる。

とにかく人のふんどしで相撲を取るのはやめてほしいものである。

 

美容師さんたちも(わたしも 汗) 出入りの材料屋さんからの提案力(本物かまがい物か)を見極める眼力を ぜひ身に付けてほしいと思うところです。

 

 

 

 

 

 

人は百人百様

お題「一気読みした本」

人は百人いたら百通りの考え方や生き方がある。 

だから自分の意見を人に押し付けてはいけないし当てはまることもない。

他人と比べてどうこう…と思い悩む必要はないのです。

人は人。自分は自分。

 

 

以前、全く面識もない知らない美容師さん(女性)から 夜、20時過ぎに携帯に電話がかかってきたことがあります。

携帯番号は出入りの美容材料屋さんから聞いたとのこと。←ありえないですよね‥

 

電話の内容は自分のブログに「いいね」をつけないでほしいということでした。

ブログのメッセージ機能からご依頼くだされば話は早かったかなと思うのですが。

電話口で「営業妨害になるから消して欲しい」と涙声で言われました。

とりあえず、読者登録を削除し今までの「いいね」をすべて消していきました。

 

この時かかってきた彼女の番号はいつまたかかってきてもすぐわかるように

携帯に登録しました。

 

その時に彼女が言ったこと。

同じ県内のあるサロンさんのブログ記事を名指しで「お客様をセットもしないで帰すなんてありえない!」と言い放ちました。

あえて彼女に反論はしませんでしたが(少しヒステリックな感じの方だったので)
とりあえず話を終えて電話を置きました。

 

わたしからすると

面識のない方からの携帯に電話でそれも夜の20時過ぎにかかってきて、ヒステリックな彼女の方こそありえない。

そもそも知らない番号からかかってきた場合は 本来電話には出ないことも多いです。

 

人は自分が常識だと思っていることが他人には非常識なこともあるとなかなか気づけません。

 

f:id:fackymos:20170821145010j:plain

 

あなたは美容室で自分の意見が言えていますか?

今週のお題「もしも魔法が使えたら」

もしも魔法が使えたら一瞬で世界中に行けるのになぁ。

なんて妄想中です(*ノωノ)

f:id:fackymos:20161231015116j:plain

さて 皆さんは自分の意見を言えていますか?

つい面倒になり我慢してしまうことってありますよね。

 

例えば美容室で自分が伝えた(と思っていた)ことが上手く伝わっていなかった時

どうしますか?

「何も言えず、伸びるまで我慢する」……27.4%
「やんわり『直してほしい』と伝えてみる」……26.8%
「一番気になる部分だけ直してもらう」……26.5%
「きちんとやり直してもらう」……18.3%
「家に帰って自分でヘアカットする」……7.6%
「無理矢理にでも満足した素振りをして帰る」……7.6%
「すぐさまほかのサロンに駆け込む」……5.5%
「口には出さずに不満げな態度をとる」……4.0%
「我慢して帰って口コミサイトに不満を書き込む」……2.4%
「気に入らないと告げてディスカウント交渉する」……1.8%

 『マイナビウーマン』にて2013年6月にWebアンケート。有効回答数328件(マイナビウーマン会員:22歳~34歳の働く女性)

 なんと56%以上の方がしかたなく自分自身を納得させている現状!

 

馴染みの美容室でも新しく訪れた美容室でも “イメージと違う”と伝えるのは

言いにくいものです。

 

そんな方のために上手な伝え方のまとめがありました。↓

イメージと違う・・・美容院で髪型を失敗したときどうしてる? - NAVER まとめ

 

f:id:fackymos:20161231011814j:plain

関連記事

どのくらいの頻度で美容院に行く?|「マイナビウーマン」

 

・さらっと案内するか、しつこく勧めるか の違いでリピートされるかが決まります

美容院で商品をすすめられるのが嫌いな方へ | おすすめ美容院の見分け方〜美容院ジプシーに捧ぐ〜

 

・出張美容・訪問美容についての法的なことが書かれた記事をみつけました

【美容師・理容師|出張施術禁止・例外|移動美容車解禁】 | その他の事業 | 東京・埼玉の理系弁護士

フレンチカットグラン(多毛クセ毛の悩みをカットで解決するカット技術)を希望される方も二通りあります。
  1. 諦めていたヘアスタイルにチャレンジしてみたい方
  2. 長さを変えないで軽くしたい方

長さを変えないでほしいと思ってるのに 似合うのでショートボブしましょう 

なんて一方的に提案されても、困りますよね。

 

逆に、ショートにしたかったのに全然切られなかった~とがっかりされることも

ないようにしたいものです。

 

美容室に行くのが少しでも楽しみになりますように…

縮毛矯正を卒業した日 | 髪が多い、クセ毛でお悩みの方にカットで解決できるへスタイルを提案しています。

自分の価値

 

自分にとってはとても大事な事柄が 違う人にとってはひと盛なんぼのことがある。

f:id:fackymos:20170609183036j:plain

「自分」にとってはとても大事なお客様であるが 一方お客様の方は

たくさんある中でたまたま選ばれたのが「自分」だったということにすぎない。

 

先日「自分のお客様」といって連絡してきたA取引先があり

「自分のお客様」にも拘わらず いろんなホローをほったらかしにして

困ったことがあった。

 

違う月にその「自分のお客様」と言われた人は 違うB取引先を通じて

仕事の連絡があった。

 

「自分のお客様」というくらいなら なぜもっときっちりホローできないのだろう。

なぜもっと連絡を密に取らないのだろう。

なんていい加減な仕事ぶりなんだろうと思う。

本当に不思議。普通ならわかりそうなことなのに。

 

「自分のお客様」側から見れば、きっとA取引先は大事な取引先ではないのだろう。

 

くれぐれも いい加減さに振り回されないようにしよう。