読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱりすずめのはてなブログ

大阪で車いすでも快適に過ごせる場所を模索中。日々のきづきやハテナをちらり。

ブログを書くということ

ブログ

お題「ブログをはじめたきっかけ」

日記をつけている方はたくさんいると思う。

その日記帳は、大抵の人は他人に読まれるようなことはあまりない(と思います)。

f:id:fackymos:20161118112232j:plain

しかし、ネット上に公開しているブログ記事においては

その内容が日記だとしても多くの他人の目にさらされているのだと

わたしは考えます。

もし、他人に読まれたくないのであれば「特定の人」が見れる設定にするか

少なくともシェアボタンの設置やタグ付けすべきではない。

 

本来、タグやシェアボタンの意味は、もっと広まってほしい

多くの人と共有したい等、思いを共感する【つながり】のためのツール

なのではと思うのです。

 

わたしのブログは、お仕事の広報活動もありますが

日記だったり、リハビリ家族との健忘六だったり

美味しくいただいたお菓子や感動した映画のことなどですが、全公開してます。

 

その理由は、自分ではしょうもないことを書いていると思っていても、

もしかしたら、どこかの誰かの参考になっているかもしれないと思ったから。

 

なのでシェアされたり、共感されると とても嬉しいし、

共感してくれた方のブログにも訪問しています。

 

でも、そう思わない方もおられます。

 

ブログを初めて7年(アメブロ)ですが、過去に2人

「いいね」やシェアをしないでほしいと

1人(美容師さんでした)は電話で

もう1人の方はメッセージでいただきました。

(7年やっていて2人は少ない?)

 

シェアボタンとタグは誰にも読んでほしくない、拡散してほしくない方は
外されることをオススメいたします。

やっぱりベテランがいい

ブログ

お題「今日の出来事」

f:id:fackymos:20161008111557j:plain

*1

訪問リハビリの先生の交代で今月から新しい先生が来られた。

60代くらいの女性で少し声のキーが高めだが柔らかい物腰の方である。

 

最初は若いお姉さんにリハビリをしてもらう方がいいと言っていたトノだが

どうやら60代のベテランさんのリハビリの仕方が気に入った様子。

それぞれの箇所の動きに合ったリハビリをしてくれるようである。

体を動かしながらの細かい説明付きでとても分かりやすいと褒めていた。

やっぱりベテランがいいなぁ。

リハビリ終了後にトノが言った。

 

*1:画像はイギリスに行った時に撮影したストーンヘンジ

人の入れ替わり

ブログ

お題「今日の出来事」

f:id:fackymos:20161003142633j:plain

大阪に引っ越して3年を超えたが、訪問リハビリの担当の方の入れ替わりが結構多い。

今回で5回目かな。

1番最初は30代前後のきりっとしたスポーツマンタイプの好青年だった。

2回目の男性は家人とあまり相性がよくなくて1ケ月で変更希望を出した。

3回目からは女性にしてもらった。

20代半ばのちょっとスタッップ細胞の小保方さんに似た可愛い感じの人。

彼女が同伴で訪問するとドキッとする。

一度よくしゃべる20代の男性と一緒に来たことがあり、

ちょっと嫌な予感がしたので

「男性の方はちょっと・・・」と前ふりをしておいたら

小保方さん似の人のままになった。

 

そしてとうとう9月の2回目のリハビリの日に、60代くらいの女性と同伴で訪問。

9月いっぱいでやめるので、引継ぎをしたいとのことだった。

 

20代から60代に、一気に年齢が上がりちょっぴり不満げな家人 笑

しっかりリハビリしてもらえるなら年齢は関係ないと思うのだけどね。

 

その目的って合ってる?

ブログ

お題「これって私だけ?」

昨日の夜中に思いもよらない地域から講習会の申し込みがあった。

以前から導入しているのはブログで知っていたけれど

技術講習の申し込みだったので「頑張ってお客様に喜んでもらうんだな~」と

ちょっと嬉しく思った。

 

今朝、同じ人から質問のメールが届いた。

講師になりたいので技術講習を申し込んだらしい。

そんなことしたら講師だらけになってしまうよ 笑

 

で、ちょっと思ったこと。

講師になりたいから講習を受けるの?

お客様に喜んでもらうために講習をうけるんじゃないの?

 

f:id:fackymos:20160914000516j:plain

なんで講師になりたいんだろう?

そんな疑問を持ちながらキャンセルのメールを受け取った。

 

 

 

仲間を手放す勇気

ブログ

お題「マイルール」

ともに志を同じくして共通の仕事をしていた仲間のひとりが

有る時を境に全く共有する話題がない事に気づく。

何がきっかけかわからないけれど、明らかに志が同じ方向に向いていない。

 

質問を投げかけても、質問に対しての答えは返らず

だらだらと意味不明な自己主張だけが返ってくる。

 

今の自分で満足。このままで満足。このままが一番。自分のやり方が一番。

そう思うと向上心が無くなってしまう気がする。

 

結果を出したものが主張する言葉には説得力がある。

 

f:id:fackymos:20160912230217j:plain

仕事でのブレーンは心が離れたときには

思い切って手を放す勇気も必要だとつくづく思った。

 

女性客が殺到する1000円カットの美容室!?

ブログ

お題「これって私だけ?」

ある番組で女性客が殺到する1000円カットの美容室が紹介されていた。

テレビ朝日|モーニングショー コーナー「ショーアップ」取り上げられた情報をチェック!

 

1000円カットの店って聞くとおしゃれではないとか 10分で雑にカットされるなどあまり良いイメージが沸かない。

特に1000円カットの店=おじさん達の行く店なイメージが自分の中に深く根付いている。

 

そんな1000円カットの店のイメージを払しょくするような内容だった。

 

  1. 1000円カットだけど10分を超えても丁寧にカットしてくれる。

  2. シャンプーやパーマ・カラーはなし。

  3. どんなパーマがいいかなどの、今の自分に合ったヘアスタイル提案もしてくれる。

  4. 必要なら他の美容室の紹介もしてくれる。

 

こんな1000円カットの美容室なら私だって行ってみたいと思う。

 

日々、家族の介護で自分の自由な時間なし。

お出かけは必ず家族(パートナー)と一緒。

 

外出時のトイレは必ず一緒にユニバーサルトイレで。

女子トイレはここ数年利用したことがない。

 

仕事で知り合いの美容室に行った時も予約客で満席。

とてもカットしてほしいなんて切り出せない。

 

白髪がとっても気になる年齢だけど、自宅で染めるのが面倒ですっかり放置状態。

とりあえず外出には帽子が必須。日よけと白髪隠し。

なので帽子のコレクションが日々増える。

 

一度パートナーに

『美容室に行きたいな~』と言ったら、

『不自由な俺をほったらかして自分の好きなことをするんやね』と逆ギレされたため、面倒なので言わなくなった。

 

で、番組を見てた時に思わず

予約なしでもおしゃれに短時間でカットしてくれるお店があったら絶対流行ると思うわ』

『近所にあったら私が行きたいわ』と口からついて出た。パートナーは無言だったけどね。

 

残念ながら関東でしか展開していない様子。

大阪でもこんなお店が出来たら行くのになと思った。

 

予約して行ける女性はまだ気持ちに余裕があると思う。

高齢化社会

ある程度の年齢になると、両親や家族の介護などで突発的に何が起こるか予測不可能。

そんな日常で美容室に予約すること自体が難しいと感じている。

自分の美容室のことまで気持ちが回らないのが現状。

日常の段取りだけで頭がいっぱいいっぱい。

 

予約なしで短時間でカットだけというメニューに特化した1000円カットの美容室に共感する女性が近年増えてきているのも頷ける。

 

 

 

あなたならどっちを選ぶ?

レストラン

土用のウナギの日に鰻を食べに行こうと計画したけど

いつもならネット予約してるお店も予約不可になっていた。

なら電話で聞いてみようと2件ほど電話してみた。

1件目(アクティ大阪16Fの竹葉亭に電話)鰻では関西の老舗

r.gnavi.co.jp

  • 予約は受け付けていません。(ちょっとうざそ~うに対応)
  • 夕方17:30の空き状況と車いす利用だと伝えたが混んでるので分からないとのこと。
  • 車いすを入れるのに椅子を外すので狭苦しくなるかもと言われた

2件目(アクティ大阪14Fつる家に電話)大阪の江戸鰻を出すお店

www.osaka-tsuruya.jp

  • 申し訳ないですが予約はお受けしておりません(すご~く丁寧な応対)
  • 土用の日なので混雑しているかと思いますが17時半ならまだ空いているかと。
  • 車いすをお入れしゆったり座われるように椅子を外させていただきます。

同じビル内で同じ鰻を出す老舗のお店でもスタッフの対応ひとつで

ここまで違うのかと逆に驚きました。

 

老舗の横柄な感じと老舗ならではのおもてなしの心。

竹葉亭。それにしても残念な応対でがっかりでした。

 

というわけで、土用の日は並んでつる家さんで待っていただこうと思いました。

 

今度の水曜にトノと従妹ちゃんと3人。

しっかりパワーを蓄えようっと。